龍田屋だより

TOP>龍田屋だより>糸を筬(おさ)に通す|龍田屋だより|結城 龍田屋

糸を筬(おさ)に通す

本場結城紬の経(たて)糸は通常1360本の糸が必要となります。
(注意:着尺の場合、これ以下の本数では検査を受検することはできません)

これを、上下の糸1本づつを1対として、680組の糸を「やはつ」という道具を使って筬に通していくのです。

以前は、「筬」という名の通り「竹」で出来ていたものを使っておりましたが、この道具を作る職人が皆無なのです。

現在これに代わりステンレスの筬が使用されていますが、これからは他の道具も大切にしていかねばなりません。

DSC_0453

2013年1月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Topへ↑