龍田屋だより

TOP>龍田屋だより>ざっくりした風合い|龍田屋だより|結城 龍田屋

ざっくりした風合い

DSC_0012

写真は、弊社オリジナルの「音和音」です。

太い手つむぎ糸を使い織り上げた反物ですから、地厚のざっくりした風合いは昔風のものです。

私は、これと同類のものを胴抜き仕立てにして秋冬着用していますが、とっても心地よい風合いで気に入ってます。

左から
①杢(もく)棒(杢縞ともいう)地機 幅1尺3分
②縞 地機 幅1尺1寸
③崩し(網代または籠目ともいう) 地機 幅1尺6分
④縮(ちぢみ)格子 地機 1尺8分 と広幅に織っています。

是非、「文芸春秋画廊」にて、この風合い触れてみてください。

2013年4月9日

ざっくりした風合い” への1件のコメント

  1. 小坂部惠子 より:

    今日はいろいろありがとうございました。
    何も知らないので、おかげさまでとても勉強になりました。
    こういう催しを、これからもぜひ東京でも開いてくださいませ。京都は京都で雰囲気もあって佳いですけれど、なかなか伺う機会が限られます。

    大島も素敵だけれど、結城も素敵!
    まだ着たことがないので、ぜひとも着てみたくなりました。

    なんだかもう一度拝見させていただきたい感じです。
    ありがとうございました。

Page Topへ↑